noranekoxのブログ

膵臓~糖尿病~最終-----ガン
 

もう!6ヶ月過ぎました。

捨てられた子猫 保護して6ヶ月過ぎました。
最近やっと自分の時間が取れるようになりましたと言っても外に出るのが一苦労です
玄関の戸が開く音でダッシュして来るユキちゃん
脱走されないように後ろ向きで「直ぐ帰るから待って居て」
案外聞きわけが良い猫です
帰るとちゃんと玄関で待っています。


先日勝手口から私が出ました
   「おいユキが出とるがな」Gさんの声
アララ どうしよう
勝手口の鍵が甘いのを知ってるらしい
待つこと1時間余り  見つけた 直ぐ倉庫へ追い込みました
逃げる 逃げるけど・・・フジちゃんのトイレに入った
直ぐ捕まえて家に入れた
自分のトイレで用足し


其れから一日に数回 勝手口のドアに体当たりしています
  (そんな事しても開かないよ)
今迄色々な猫を保護して飼ったけど、ユキちゃんのような猫は初めてです
毎日が始めてづくし。あきれる事が度々です
サビ猫って・・・期待したけど、家の中を破壊するのを止めて欲しい!

Gさん ノラ猫を可愛がる!

最近ノラさんが来るようになった
何時の間にかフードを買って来てる
倉庫の中に敷物を敷いたりしてる
昨日聞いてみました
「どうするん 此の猫」
  ワシが飼う
「飼うって家にはユキちゃんがいるし、其の猫はメスだから合わんと思うけど」
  此処で飼うがな
「じゃぁ名前はどうするん」
 ふじ猫じゃからフジコにする
「ゴルフに行く時は連れて行ってくれるん」
 ワシが朝ご飯はやって行く
「生き物はそんなに簡単じゃ無いですよ 責任が有るし」
Gさんは完全な犬派 猫が懐く訳は有りませんがゴンが優しく見守っています
「じゃぁトイレの始末はしてあげて」
 暇なもんがしたらえーがな
「誰が暇をもてあましてるんですか まさか私の事?」
 ユキも大きゅうーなったからえーがな


Gさんは若気の至りで色々病気持ちになって、医者通いが多くなった
何時触れるようになるのかお手並み拝見ですが、発情期になればオス猫が誘いだす事を
知ってるのかな?

濃霧の朝

ゴンの散歩に出掛ける時間が来て、玄関を開けると凄い霧!
車が次々と霧を飛ばして行くのが見えました
ゴンの用足しが済んだ頃霧が無くなった


其れからアパートへ行ったけど、空き缶等無くて帰り道又霧が出た
今日は朝刊がお休みの日で新聞配達の方も眠っている時間でしょう。


霧の中を歩いたら過ぎ去った過去を思い出します
あの頃は若かった!
宇高連絡船に乗らなかったら・・・今と人生が変わっていたかも?と思う。
もう一度行って見たいと思いつつ病に悩まされて何処にも行けない身体になった


12月中旬に入るけど、こんなに寒いとは思っていませんでした。
まるで2月頃の気温です。
毎年悩まされる寒い西風


先日内科へ行って眠剤を変えて貰ったけど矢張り眠れません。
Drから 此れは余り飲まないようにと数点減らされた
まだ完全には治って無い気管支炎を注意されたけど、一日寝て過ごしたら体力が
落ちてくるのが解ります。
歳を取るってこんな事でしょうね。